新着活動記録 - メンバー -


7月16日(月)第48回歯科診療報酬請求事務能力認定試験が開催されました。
診療報酬請求事務能力認定試験は、診療報酬請求事務に従事する人の資質と向上を図るために全国一斉の統一試験です。医療事務系の試験の中でも、最高峰の認定試験と言われます。


この試験に当院より7名のメンバーが試験を受けました。
この日のために、実は長期間の試験対策を行なってきましたー!!

いよいよ本番!

今までみんなで全力で頑張ってきたことを出し切りました〜!

会場の広さ、大勢の受験者・・・いつもと違った環境で緊張しました(^_^;)


合格発表は9月20日・・・

それまでドキドキ・・・結果はきになると思うけど、まずはお疲れ様でした〜! 全員が合格でありますように!!




毎月、もはやサプライズではなくなった?!お誕生日会ですが、今月はプラスαのお祝いができる時間となりました。


7月にお誕生日を迎えるのは助手の奥村さん!! 以前、がんばった大賞にも選ばれた奥村さんは、患者様へ常に寄り添いながら、ドクター個々の動きを察知してすぐにフォローに入ることのできるNO.1気配りの持ち主です。

奥村さん、お誕生日おめでとうございます!!




そして、先日のキャリアコンサルタント試験に見事一発合格された接遇リーダーの田邊さんの合格のお祝いも〜( ^∀^)
2016年に厚生労働省より認可され国家資格となったキャリアコンサルタント試験ですが、合格までの道のりは筆記試験、論述試験、面接試験(ロールプレイ、口頭試問)という大変なものです。それを一発合格!! 田邊さん、さすがです♪ 合格おめでとうございます!!


そしてそして、以前よりHPでもお知らせしておりました7月16日に行われる歯科保険請求事務技能検定試験に、当院より7名が受験します。約10ヶ月ほど前より7名で集まり、村上先生のご指導のもと、着々と勉強してきました。お互いが良きライバルとなり、協力し励ましあいながら頑張っている姿は、周りのメンバーにも力を与えてくれました。
7月16日当日、7名全員が力を出し切れるように〜!! 激励会での院長からのコメントです(^ ^)





https://youtu.be/hPp5Aaz7mjg



みなさん、こんにちは。
猛暑の日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今回のブログは接遇リーダーの田邊が担当させていただきます。

 今月の勉強会は、5年に渡って接遇マナー研修をしていただいているキャリア・ラボの小松仁美先生をお招きしました。



今回はこれまでと趣向が違い、接遇マナーを今までご指導いただいてきた土台がある前提で、「社会人基礎力研修 ~社会人としての自覚を持ち主体的に働く意識を高める~」というテーマでの研修会でした。 当院のメンバーは、20代の人も多いものの、30代40代も結構いて、「社会人」という意味では年齢的にはベテランの域にいる人も多いため、今回の『社会人基礎力研修』というテーマだけお聞きすると、「なぜ今?」となってしまいます。 ところが、今回の勉強会が終わってみると、「なるほど!」と大納得で、とても実り多い研修会になりました。 








小松先生のお話では、最近では他の企業からもこのテーマでの研修希望が多いそうです。 それだけ当たり前のことのようで、実際には曖昧になっていたり、それぞれ解釈が違っていたりしていることが多く、医院として統一した意識を持つことが大切だとわかりました。 社会人とはどういうことかということをあらゆる方面から考え直し、プロフェッショナルとは何か、プロに必要な3つのスキルやプロ意識について自己チェックしたりディスカッションしたりして学びました。



 確かにこのような内容は、社会人になったばかりの人が表面だけなぞるように学ぶよりも、ある程度現場で働いてお互いに率直に話し合える関係ができた上で、改めて学び直す方が深い学びになると実感しました。 突き詰めて考えていくことで身につまされて反省することも多く、大変良い学びの時になりました。プロとしての意識が変わると、行動も変わってきます。

これからもメンバー皆で切磋琢磨して、より良い医療現場になるよう精進して参ります。皆さまにもどうぞ厳しく、温かい目で(?)、育てて頂ければ幸いです。


接遇研修の後は、各部門に分かれての部門ミーティングでした。



先月行われた「第1回 歯科衛生士スキルアップセミナー」では、歯科衛生士はもちろん、全員が知識欲、探究心をくすぐられる充実した時間でした。

そして今月は、「第2回 歯科衛生士スキルアップセミナー」。テーマは「歯周病」。

厚生労働省の調査によると、日本人の約8割が歯周病とのデータがあります。



今回は、その歯周病とどのように向き合い、患者様をどのように歯周病から守ることができるか、について山口先生より教えていただきました。

 



患者様を歯周病から守るため、また守ることによってQOLを高めるためには、私たち歯科医療従事者の役割がいかに大きいかを改めて理解することができました。

また患者様の実症例写真を見ながら、全員で意見を出し治療計画を考えるという時間は、当院らしい「全員参加型」の充実した内容となりました。


午後からは、実際の現場における実地指導。

   

学校の歯科検診も終わり、夏休みも近くなったお子さんには、いかに虫歯を作らないかが課題となってきます。
そこで、山口先生のご提案は、当院の歯科衛生ケアで習ったことをお子さんに「その場で復唱してもらう」というでした。
なるほど!! です

復唱できたお子さんの次回の来院が今から楽しみです♬


「第3回 歯科衛生士スキルアップセミナー」は8月、それまでに5月、6月で学んだことを120%活かし、患者様にお返しできるよう、全員で日々の診療に邁進致します!


今日は待ちに待った院内勉強会。

「第1回 歯科衛生士スキルアップセミナー」でした。

フリーランスの山口講師をお招きして、歯科衛生士、助手、受付、技工士など、メンバー全員で歯科衛生士の知識を学ぶセミナーです。第1回のテーマは「カリエス=虫歯」
カリスの輪のお話から酸蝕歯、また実際の患者様の口腔内写真や症例をひもとき、歯科衛生士としてどこまで読み取るか、またどのように判断しドクターに報告相談するか、など 患者様情報のひとつひとつ、また資料のひとつひとつにとても深い意味があり患者様へのアプローチの糸口となる重要なヒントが隠されていることがよく分かりました。


山口先生の言葉を一言一句聞き逃さないようにと全員真剣です!

当院の勉強会は、全員参加型。先生から頻繁に問題が出され、個々で考え見解を述べていく。答えに正解不正解はなく、この症例をみてどう感じたか、自分の見解を話し他のメンバーの見解を聞く。いろんな意見、見解が飛び交う中で全員で答えを導き出しました。先生からも本当にレベルの高い皆さんですね!とお褒めの言葉をいただきました。

午後からは、歯科衛生士のための実技指導と実症例相談が行われました。


当院の目指す「各部門のプロになる」という言葉のとおり、より深く追求することのできる充実した学びの1日となりました。


やまもとファミリー歯科医院の理念

Only One 診療/Only One 医院→地域No.1

患者さまひとりひとりの立場、目線に立ち、 患者さま本位の治療を心がけています。
患者さまのお口の中を他の誰よりも理解し、 患者さまにとってʻOnly Oneʼの
医院でありつづけたいと日々努めております。

予防歯科に力を入れ、患者さまをより健康に
美しくサポートします。

あなたもファミリー歯科のメンバーになりませんか?

歯科医師・衛生士
(新卒・既卒)
募集中

当院では、一緒に働く従業員をメンバーと呼びます
ファミリー歯科はメンバー一人一人の成長、
スキルアップを応援しています。

あなたもファミリー歯科のメンバーになりませんか?

医院案内

医療法人社団理祥会やまもとファミリー歯科医院

〒614-8364
京都府八幡市男山松里13-1

  • 【外来】075-983-8241
  • 【往診】075-983-8249
診療時間
外 来
9:00 〜 13:00
14:30 〜 18:00
往 診
9:00 〜 12:00
13:30 〜 18:00

予約優先制

pge top